« シメジ城写真集 | トップページ | 玉出玉出 »

2009年12月10日 (木)

私が文章を書く訳

学生時代はバスケットボールをやっていました。

それはそれは楽しくて僕はバスケットボールが好きでした。

やっても楽しいし見ていても楽しい。

バスケットボールは他のスポーツよりも凄いと思っていました。

そんなバスケットボールも学校を卒業すると自然と遠のいていきました。

 

そしてバスケットボールと関係の無い生活になっていたあるとき

テレビでバスケットボールの試合をやっているのを偶然見かけました。

それはおそらく日本の実業団の試合で日本一を決める試合だったようです。

僕は久しぶりのバスケットボールとの遭遇に喜び、興奮しながらテレビを見ました。

ところがその試合を面白いとは感じません。日本一を決める試合なので

もちろん凄く上手い人たちばかりなのですがあまり興味がもてませんでした。

 

僕は何故バスケットボールを面白いと思っていたのかを考えました。

チームとしてのコンビネーションが一番重要なスポーツだ(と思っていた)から

もちろん個人の戦いもあり、個性が活かせるから。

たくさん点がはいって、展開が速いから。

色々考えましたがそのどれもが前に見たテレビの試合は満たしていました。

でも面白くありませんでした。

 

僕はバスケットボールの何が楽しかったのかを考えました。

練習でチームメイトと上手く合わせることが出来た時。

試合で味方がシュートを決めてみんなで叫んでいるとき。

いい守備をしてみんなと盛り上がっているとき。

試合に勝ってみんなで喜んでいるとき。

あぁ、考えれば考えるほどバスケットボールが楽しかったのではなく、

仲間と喜ぶ事が楽しかったんだなぁと思いました。

 

バスケットボールの試合はよく止まります。

それはきちっとしたルールに従って進められますが、

僕はいいプレイをしたチームが喜ぶための時間をくれているんだと思います。

だからバスケットボールが好きだったのかなぁと思いました。

 

 

さて、今僕は好んでブログや記事を書いていますが何が楽しいかを考えてみました。

文章を書くことは苦手ではありませんでしたがあまり好きでもありませんでした。

面白いことをするのは好きですがめんどくさい意識のほうが強いです。

何か書くことによって褒められればいいのですが、あまりそういうこともありません。

何かを表現したいか伝えたいかといえば、伝えたいことなんてありません。

人を面白がらせたいという意識はあるのですが身近な人はあまり興味が無いようです。読め。

はてさて、何が楽しくて物を書いているのか分からないのですが、なぜか書くことは楽しいのです。

何が楽しいか分かるまでもっともっと色んな事を書いていこうと思いました。

おしまい。

|

« シメジ城写真集 | トップページ | 玉出玉出 »

適当」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122313/32541367

この記事へのトラックバック一覧です: 私が文章を書く訳:

« シメジ城写真集 | トップページ | 玉出玉出 »