« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月10日 (火)

人生の天気

チャンスはどこに転がっているかわからない。
ほんの少しのきっかけで生活は変わるし人生も一転するものだ。

ある日僕は難波駅の近くを歩いていた。

Dsc_0001
昼間はチケット屋さん

チケット屋さんって夜になったらこういう風になってんだなー。

ちょうど僕は東京に用事があり、安く行ければ良いと思っていたので
その張り紙に何か情報が無いかとちょっと覗いてみた。

Dsc_0003
どなたかって

見ると一緒にはんこ屋さんをやる人がいないか募集する張り紙。
チケット屋さんなのに!?良いのか、どなたかとかいうノリで良いのか!?
そんなんではんこ屋はやってけるのか

Dsc_0004
どなたか一緒に自転車屋しませんか?

自転車屋まで!?手広いなー、でも自転車屋は技術いると思うぞー。
どなたかじゃ厳しいんじゃないかー。

だが考えてみればここで自転車屋を始めればおそらくトップだ。
自転車屋代表だ。技術は後からついてくる。大切なのは
チャンスを活かすことだ。これは、転機かも知れない…

なわけあるか、家帰って、アイス食べて寝た。

| | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

湿度は味方か天敵か

風邪を引きました。

特に風邪っぽい症状はなくノドが痛いだけだけど
風邪と言った方がわかりやすいので風邪と称しています。

ノド痛かったけどこないだのブログに書いたようにスーパー銭湯に
行きました。ノド痛い中露天風呂やサウナに入る。

スーパー銭湯って楽しいよね。しばらくいたら、知らぬ間にノドの
痛みが引いていました。

アレか、湿度か!?さすがのお風呂、湿度高いからノドに良いのか
スーパー銭湯。

あぁー治ったわー

ご機嫌で家に帰ってすぐ眠る。

起きたら痛い、ノド痛い。

あー、アレだわー。俺たぶん寝てるとき口開けっ放しなんだわー。
ノド痛いわー。やっぱり湿度だ、湿度が重要だ。

そう思い加湿器を買いに走る。

加湿器走らせ生活していく。あー、あんまりノド痛くないわ。
お肌も何か良い感じ。温度も上がって過ごしやすい。

あぁー良いわ。加湿器良いわ。凄い良い。
なんで今までこんな良いもの使わなかったんだろう。
良いことずくめの加湿器生活。

そう満足している男の頭上で天然パーマが水を得た魚のように
暴れ回っているのであった。うぅ…

| | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

おもりが重くてなぜおいしい

はい、こんにちは。またZ会に記事を書かせていただきました。

おもりを外して強くなりたい
http://portal.nifty.com/2009/11/05/a/

漫画のようにおもりを着けたまま生活して外したときには
強くなってるのか。という記事です。

記事には書いてませんが実は、この生活の前にもおもりを着けて
生活していました。

同様にこの記事にするためにおもりを着けていたんですが、
おもりを買いに行って驚いた。1.5キロのおもり二つ一組で
5000円くらいもするんだよ!

無理無理無理、高いわそりゃ。この記事書いたらおそらく
二度と使わぬおもりに手足併せて一万円。そりゃあ出せん。

Dscn5904
布を袋型に縫いました。

つーかアレでしょ、重けりゃ良いんでしょ?それが手足に
つけば良いんでしょ?簡単じゃん。作ろうよ。と思って作りました。

Dscn5905
それに砂を詰める。

はい、出来た。簡単じゃん。ひもを縫い付けてあるから
それで手足に結べばいい。家にあった布を使ったから
材料費は0円。うふふ、俺ってエコ。

Dscn6020
実はこのときも着けてます(鉄道ファン以外による紀州鉄道案内

03_0241
このときも着けてるのだ(日本最長の川、最短の川、水源を巡る旅

そうしておもりを着けて生活していたが水源を巡る記事の時に
右足のおもりを結ぶひもが切れた。結ぶところを二カ所作って
いたのでまだ結べるけれどブランブラン。

あぁー、どうすっかなぁーって思ってたら
翌朝、中の砂が乾いて布の中から砂がにじみ出てくる。
手足がベタベタ、砂まみれ。

あぁ…だめだこりゃ。しかも重さを量ってみたら
手が200グラムの、足が500グラム。あぁ…駄目すぎる。

結局おもりを買いましたとさ。でもスポタカだと半額くらいで
見つかったのでまぁ良しとしました。

Dsc_0185
一日あたりかと思うよね。過酷な労働環境。

| | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

かつめしとかそんな感じで

ちょっと前にデイリービタミンズZに記事を書かせていただきました。

瀬戸内は、カツをご飯に載せたがる、と思ったが
http://portal.nifty.com/2009/10/29/b/

カツをご飯に載せた食べ物を食べ歩いてきました。
正直しんどかった。だって、いっぱい食べたらおなかいっぱいになっちゃうもん。

それにしてもカツはすごい。ご飯と組み合わさったときの
名物になる率がすごい。

卵で閉じずにソースをかけたら名物、ソースをデミグラスソースにしたら名物。
たぶん醤油かけても新しい名物になり得る。それでハズレなしでおいしいんだから
すごい。

名物がない自治体とかはとりあえずご飯にカツを載せて名物と称すれば
良いと思います。食べに行くからさ。

---

初めにデイリービタミンズZと書いたけど、デイリービタミンズって
サイトがあるんですよ。

デイリービタミンズ
http://dailyvitamins.jp/

このサイトが面白い、面白い。
ビタミンウォーターって飲み物の広告サイトなんだろうけど
広告する気一切無し。

全力で暇をつぶしにいくってのをテーマにおもろいことを
いっぱい書いてます。創作系から意味のわからないことや
漫画まで。

デイリーポータルZとオモコロの中間くらいのイメージを受けました。

そのデイリービタミンズのタナカカツキのサ道というコーナーが面白くて
サウナに入りたくなっちゃった。

タナカカツキのサ道
http://dailyvitamins.jp/2009/07/359/

氏曰く、サウナは水風呂がメイン。
火照った体を冷やし、瞑想状態に導く水風呂こそがサウナの命であると。
月夜の湖のごとく水面が鏡のような水風呂に体を沈め、じっとしていると
体温により体の周りの水が温まり、体温の羽衣ができ、水が冷たく
感じられなくなりとても気持ちいいそうだ。

その羽衣に気づいてからがサウナを楽しめるようになったと。
羽衣は繊細なもので少しの動きで身から剥がれてしまう、儚いからこそ
大事なものだそうだ。

そうだったのか、そりゃあやってみなければ。

氏の言葉を読み込んで、意気込んでサウナに乗り込んだ。

暑い、サウナ暑い。つらい。
でもこれを我慢したら水風呂が待ってる。そして水の羽衣が待ってる。
あぁ楽しみだ。どんな感覚なんだろう。ここから出たら新しい世界が広がっている。

ついにサウナを出る。水風呂へ直行。

なんか水がボッコボッコ湧き出てた。ライクアジェットバス。
流れる流れる、溢れる溢れる。羽衣なんて出来やしねぇ。

すぐ帰った。

| | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »