« 犬カフェの楽しさは異常 | トップページ | 手作りメガネは愛にあふれる。 »

2009年6月10日 (水)

淀川テクニシャン

淀川テクニックというアートユニットがいます。

淀川でゴミを拾って作品を作る人たちです。
今の時代ゴミでなんかするってーとゴミやら
リサイクルやら言い出しますがそんなことは無く
作りたいから作るって感じでフセイン像とか作ってる
ちょっと突き抜けちゃってる人たちです。

どうにかしたら作品見れるんじゃないですか。知らないけど。

その淀川テクニックを探して淀川をうろうろしました。
淀川でゴミを拾って淀川で作っているのでタイミングが合えば
会うことが出来るのです。

結局会うことは出来ませんでしたが川べりで蛍のような
光がふらふらと。近寄ってみると

001
釣り竿の先っぽがピカピカ

002
なんともミスマッチな光景


うなぎ釣りだそうです。引いたときに竿のしなりが分かるように
先端を光らせてると。淀川で鰻が釣れることもビックリ、
食べられることもビックリ。

ごみが流れ着く大きな川、河原で遊ぶ子供たち、鰻を狙うおじさんたち、
そこに暮らすホームレス、アート作品を作る人たち。

その後ろにはこんな景色。何ともカオス、夢か現か、淀川いいな。

|

« 犬カフェの楽しさは異常 | トップページ | 手作りメガネは愛にあふれる。 »

適当」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122313/30040727

この記事へのトラックバック一覧です: 淀川テクニシャン:

« 犬カフェの楽しさは異常 | トップページ | 手作りメガネは愛にあふれる。 »