« 人の思考を誘導する。 | トップページ | 天橋立コアラのソフト »

2008年12月 2日 (火)

お好み焼き定食を普及させたい。

お好み焼き定食。097_p704i_4 
お好み焼きにご飯、味噌汁と漬物の組み合わせだ。お好み焼きの濃いソースとマヨネーズの組み合わせがご飯を進ませ、ご飯の甘さがお好み焼きの風味を引き立てる。潤いの味噌汁と箸休めのお漬け物。完璧な組み合わせだと思う。

だが、お好み焼きは単品で食べるものだよ。炭水化物と炭水化物は合わないよ。などと拒否されることがある。というか関西の一部以外ではあまりメジャーな組み合わせではないらしい。おなかが膨れるのであまり量は食べられないかもしれないが味はばっちりだ。今回はそんなお好み焼き定食を普及させるために色々やってみました。


---------------------------------------------------------------

・お好み焼きとご飯。

否定派の人たちは食わず嫌いなんだと思う。お好み焼きとご飯を一緒に出す店も関西以外ではあまり無く、家庭でも少ないようだ。じゃあこうしちゃえばいいんだ。

229_p704i_2
ただのお好み焼き

227_p704i
ただのごはん

230_p704i
ドン

232_p704i
お好み焼き丼だ。

こうすればお好み焼きとご飯は別がいいとかいう事はできない。みんな大好き丼だ。これで御飯とお好み焼きの組み合わせがメジャーなものになるだろう。
だが少し自分の中で戸惑いがあったのか上に半熟卵を載せた。半熟卵を載せればそれだけで丼として成立する、半熟玉子神話を頼った形だ。

236_p704i
お好み焼き丼定食。味噌汁の具はわかめとジャガイモ、ここでも炭水化物。

食べてみる。うまい。やっぱりうまい。ご飯と一緒に口に運ぶことによってソース、マヨネーズ、生地のふんわりとした食感、ご飯の甘み、肉の旨味が渾然一体となって迫ってくる。

もうこれを全国リリースすればお好み焼きとご飯の相性の良さはみんなの知るところになりお好み焼き定食も浸透するんじゃないか。と思っていたのだが「お好み焼き定食否定派はまずそのメニューを食べたがらないでしょ。」って言われてしまった。そう言われればそうだ。それにご飯とお好み焼き、かなりお腹が膨れる。量の調節も難しそうだ。


・大手チェーンのお好み焼き丼

どうしよう。と、壁にぶつかっている時に大手牛丼チェーンすき家でお好み焼きと牛丼を合体させた「お好み牛玉丼」なるものを発売しているという事を聞いた。ここに何かヒントがあるはずだ。

013_p704i
やってきましたすき家。なんか安くなるキャンペーン中だった。

入ってメニューを見る。お好み牛玉丼、あった。すごい冒険してるなーと思ったが、周りのお客さんが結構お好み牛玉丼を注文している。人気メニューじゃないかお好み牛玉丼。これは期待が出来る。

014_p704i
出てきたお好み牛玉丼。マヨネーズ多くないか?

丼の内容は通常の牛丼の上にざく切りにされたキャベツが乗っている、そこにソースとからしマヨネーズがかけられている。そこから自分で鰹節と青のり、卵をかける。これはお好み焼きと呼べるのか…

019_p704i
これが完成形。見た目がかなりお好み焼きに。

完成形はお好み焼きのようだが箸で持ち上げるとそうでもない。食べてみると、あれ?お好み焼き?お、牛丼?悩む。マヨネーズ、ソースエリアを食べればお好み焼き風なのだがそれ以外の部分を食べると牛丼の味、それにキャベツのパリッとした食感、甘さがプラスされる。見た目はお好み焼きだが食べる時はそうでもない。目や舌、色々なところが混乱する。


・お好み焼きの正体、お好み焼きセット

食べ終えて思ったが、やっぱりお好み牛玉丼はお好み焼きとは呼べないだろう。自分で作ったお好み焼き丼と比べるとかなり違いを感じる。というかすき家は元々お好み焼きとは言ってなかった。でもかなり味も見た目も近いものがある。ということはソースとマヨネーズ、鰹節に青のり、このセットがお好み焼きの正体なんじゃないか。このお好み焼きセットを試してみよう

036_p704i
サツマイモの天ぷらに

037_p704i
ソースどーん。

039_p704i
マヨネーズ、鰹節、青のりどーん。うわっ見た目はお好み焼きだ。

043_p704i
小型お好み焼きを箸で持ち上げる僕。硬いお好み焼きだ。

すごい、サツマイモの天ぷらにお好み焼きセットをかけたら見た目は完璧にお好み焼きになった。やはりにらんだ通りか、問題は味だ。と、一口食べるとこれはお好み焼きだ。と感じた。目も舌もこれはお好み焼きだと訴えている。が、噛んでいくとホクホク甘いサツマイモ。これは面白い。

余談だが僕は小さい頃、天ぷら、から揚げ、フライなど揚げ物なら何でもソースとマヨネーズを混ぜたもので食べていた。ある意味僕はお好み焼きセットエリートだ。

046_p704i
次の標的はコロッケだ。

047_p704i
簡単にお好み焼きに。すごくお手軽。

コロッケも見た目は簡単にお好み焼きになった。だが食べてみると味は全くのコロッケ。勘違いのかけらもないコロッケだった。美味いけどコロッケ。何故だ、サツマイモの天ぷらとの違いはなんだ。

052_p704i
ここで冷奴。白い。どこまでも白い。

057_p704i
だけどお好み焼きー!なんか弾けてる。パンクな冷奴だ。

うん、まずいだろうな。そうなると思った。冷蔵庫の中にあったやつを使っただけだもん。だが意外や意外、悪くないのだ。口に入れるとまずお好み焼きのインパクトが来るが豆腐が柔らかいためすぐに飲み込まれる。すると豆腐の淡白さで口の中がすっきりして豆腐の甘さが残る。爽やかお好み焼きだ、案外イケる。

このお好み焼きセットを使えばご飯との相性アピールが出来るんではなかろうか。もうご飯と直接対決だ。

076_p704i
食べかけですが白飯に

077_p704i
お好み焼きセットどーん。お好み焼きご飯完成。

080_p704i
うわぁ。

すっぱい。なんでこんなに酸っぱいんだろう。他の物にかけたときには感じなかった酸っぱさが襲ってくる。ご飯とお好み焼きセットは合わない。でもご飯とお好み焼きは合う。不思議だ。ご飯にアプローチするよりもお好み焼きサイドから攻めた方がいいようだ。


・やっぱりお好み焼きを焼こう

お好み焼き丼にしたら注文しないのならばお好み焼きを頼めばご飯も食べる状態にしてやればいいんだ。こうしちゃえ。

256_p704i
お好み焼きの上にご飯をトッピング。乗せた瞬間友達が
嫌そうな顔でうぇあ…って言ってた

257_p704i_2

挟んじゃう。すごく高さ、ボリュームがある。

266_p704i
焼き上がり。うまそう。見た目は普通のお好み焼き。

上手く焼きあがった。かなり美味しそうな匂いもしている。これは期待が出来る。

が、食べるとご飯がベタッとしていて生地のふんわり感が台無しだ。味もボケているしボリュームがありすぎる。一緒に食べるとうまいのに中に入るとまずくなる。どういうことだ、しかもこれとご飯を一緒に食べたらうまかった。もうわけがわからない。

今回もダメか、と思った、だが待ってほしい。左側の一枚がご飯をトッピングしたお好み焼きだ。右と奥のものはご飯をトッピングしてはいないが普通のお好み焼きとは違うのだ。その違いは…

240_p704i
上新粉。お米を粉末にしたもの。米粉です。

小麦粉ではなく上新粉で生地を作ってあるのだ。つまり見た目に米はどこにも見当たらないが食べているのは米。そう、人参嫌いの子に人参ケーキを食べさせて「実はこれ、人参で出来てたのよ。」って言って「本当にー!?全然わかんなかった。人参っておいしいんだね。」という漫画でよくある苦手克服法だ。

269_p704i
見た目は普通のお好み焼き。匂いも良い。

さぁこれで苦手克服だ。いただきます。うわぁ、なんだかざらざらして粉っぽい。それに少しネトッとしている。団子を作る材料だがこんな感じになるとは。僕の調理が悪かったのか、こんなの食べたら余計嫌になるわ。


・お好み焼き粉問題

粉だ。問題はきっと粉なんだ。上新粉はダメだし小麦粉でもご飯と合わなかった。小麦粉を抜けば炭水化物も入ってない。炭水化物の同士の組み合わせというネックすらなくなるのだ。そうすれば何の問題もなくなる。粉を抜こう。

021_p704i
小麦粉入れずに作ります。卵頼りだ。

026_p704i_2
と、焼き上がり。上に乗せた豚肉がいい感じ。

027_p704i_2
そしていつものお好み焼きセットを載せて、完成。

034_p704i
写真で見たら僕の右手が妙にでかい。

これがうまい。小麦粉が入っていないので軽い食感だ。キャベツの甘さが引き立って上にかけたお好み焼きセットとの相性もばっちりでご飯も進む。小麦粉抜きお好み焼きが答えなのか。

これだけ軽いのならばご飯と一体化させても大丈夫なんじゃないだろうか。そんな考えが浮かんだ。

023_p704i
さっきと同じ材料にご飯を追加。混ぜて焼く。

065_p704i_2
いつものセットで完成。もうセットかけるのも手慣れたもの

071_p704i
うーん。やっぱり手がでかい。

また何かが違う。ねっとりしてしまった、ご飯の甘さが引き立たない。まずくはない、がうまくもない。みんなどこへ向えばいいのか見失っている。外からいい指示出すけど現場に出たら役に立たない。ご飯はそんな立ち位置。中間管理職か。


・最後の希望、ライスお好み焼き

よく考えたらさっきの粉抜きお好み焼きもただの卵焼きなんじゃないか。僕自身も道を見失っていたところ、お好み焼きにご飯をトッピングしたライスお好み焼きを実際に店で販売しているお店があるということを知った。今度こそ光明が。

089_p704i
やってきました大阪市北区中崎町。是空さん。

道に迷ったりもしたがちゃんと到着した。おしゃれな外観のお店だ。ホントにあるのか?ライスお好み焼き。と思い店前のメニューを見たらお勧めしてましたライスお好み焼き。迷うことなくライスお好み焼きを注文。今回はエビにした。

094_p704i_2
メニューでもがっつり推してるライスお好み焼き。カレーお好み焼きも魅力的

席から見えるところで調理してくれる。店長がテキパキと動いて見ていて気持ちがいい。まずご飯とエビを別々で炒めている。ご飯だけでも結構な量だ。あれだけのご飯を入れるとなるとかなり重くなりそうだ。不安がよぎる。

そこにキャベツを加え、混ぜながら炒める。そしてソースをかけた。いい匂いがあたりに広がる、おいしそうだ。そして小麦粉の生地を薄くクレープのようにのばしてさっき炒めていたご飯とキャベツ、エビを乗せる。今まで作った関西風ではなく広島風のよう。エビが均等になるように乗せているあたりかなり仕事が細かい。しばらく焼き、卵を上に載せて完成。もうこの時点で不安なんて全くない。早く食べたい。

096_p704i_2
ライスお好み焼き(エビ)680円 広島風のお好み焼き

097_p704i_5
マヨネーズはお好みで。

102_p704i
超高速で食べる、ブレまくりだ。 全部ブレてた。

うまい。ご飯がパラパラ、生地がモチモチ、卵がトロトロ。食感が楽しい。ご飯にもかけていたソースが甘みが強く、独特の香りがあって後を引くおいしさで止まらずに食べてしまう。あっという間に完食した。

店長によると、このライスお好み焼きは食事を作ろうとした時にご飯、キャベツ、お好み焼きの生地がそれぞれ中途半端に残ってたので一緒にして食べたらおいしかったので改良してメニューにしたそうだ。僕の作ったものと大違い。プロはすごい。

これならお好み焼きとご飯が一緒だと嫌だと言ってる人もおいしく食べられると思う。でもこの店でしか食べられないので普及させるにはハードルが高すぎる。家で作るにも広島風お好み焼きの生地の作り方がわからないし、生地を焼くスペースと他の物を炒めるスペースが必要でそれも大変そうだ。

このお好み焼き、そして上に書いたお好み焼き達も参考にして、こうやってお好み焼きと向き合ってきた僕がお好み焼き定食を普及させるためにベストな方法を提案しよう。


・お好み焼き定食を普及させるのにベストなもの。


それがこれだ。

105_p704i_2

少なめのご飯と小さめのお好み焼きで一緒に食べてください。

  

|

« 人の思考を誘導する。 | トップページ | 天橋立コアラのソフト »

道場」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122313/25825467

この記事へのトラックバック一覧です: お好み焼き定食を普及させたい。:

« 人の思考を誘導する。 | トップページ | 天橋立コアラのソフト »